自動車購入と諸費用

自動車購入と諸費用について

自動車購入に必要な税金等の費用

憧れの自動車を購入する場合、まずは販売店で見積もりを取ります。すると、車両価格のほかにも様々な諸費用が記載されており、総支払額がいくらなのかがわかります。その中でも金額が大きいのは税金です。新車の場合、取得税、重量税、自動車税、そして消費税の4種類もの税金がかかります。さらに自賠責保険料や任意保険料、そして各種手数料などもかかってきます。これら諸費用が発生するという点が、他の買い物との大きな違いと言えます。車両価格だけでも高額なのに、その上これらのお金が必要になることを理解した上でクルマの購入を考えなければなりません。

性能アップが費用アップに

自動車の車両価格は年々高くなっています。この背景には、クルマがモデルチェンジするたびに高性能化していることや安全装備が充実していることなどがあります。車両価格が高くなると、それに合わせて取得税や消費税などの税金も高くなり、諸費用だけでも馬鹿にならない金額になります。国産車の価格が上がるにつれ、外車とそれほど変わらなくなってきているので、外車も購入候補に入れるのも悪くはないでしょう。ただ、性能がアップした自動車は、その分従来のモデルに比べて乗り心地や燃費などすべての点でレベルアップしているのは魅力的なことといえるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車購入の初期費用について All rights reserved