自動車の維持の費用

自動車の維持費について

自動車の維持するための費用

自動車を維持するためにはさまざまな費用がかかります。主にガソリン代やオイル代が通常かかりますが、そのほかに車検もかかります。車検は車種によりますが、新車から1年~3年で次の車検になり、その後1年~2年ごとになります。そのほかには、定期点検がありこれも車種によりますが3カ月ごと、6カ月ごと、12か月ごとと決められています。また、ほかには自賠責保険や任意保険もかかります。自動車を長く使うと、タイヤやブレーキなどの消耗品を交換する必要があります。これを怠ると故障や大きな事故につながる可能性があるので、これは大事なことです。こうしたところのメンテナンスが必要なので、維持するためにはさまざまな費用がかかるということを知っておく必要があります。

クルマにかかる費用とは

クルマを購入するときは、車両価格だけではなく、その他様々な諸費用が発生します。大きいのは税金で、8%の消費税や取得税、重量税、自動車税など4種類もの税金を支払わなければならないほか、自賠責保険や任意保険、各種手数料なども発生し、車両価格が200万円のクルマであれば、諸費用だけで30万円以上にもなってしまいます。また、クルマを購入した後も、毎年自動車税や任意保険、さらにガソリン代やメンテナンスなどのためにお金が必要です。このようなことを考えると、計画的に購入しないと後から苦労することになります。少しでもランニングコストを抑えるためには、エコカーのようなガソリン代が安く、優遇税制が適用されるクルマがおすすめです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車購入の初期費用について All rights reserved